私が生まれ育った京都府北部の里山には、沢山の古民家が残っています。 慣れ親しんだ風景は、特別なものではありませんが、道路の整備が遅れ開発の手が伸びなかったことが豊かな自然が残る理由だとお客さんから教わりました。 最先端を行く建築に相反して、古民家文献に関する建築写真の精度の低さに驚いたこともあります。 間接的ではありますが、里山の魅力を古民家を通じて伝えることにも仕事以上の役割があると考えています。