服装や髪型などと比較すると、語弊があるかも知れませんが、商業建築はその時代の街の姿であり、時代を映し出す鏡です。


情報やモノの成熟化によって、街の話題性や賑わいを維持することが本当に難しい時代です。

それでも多様なニ-ズに合わせ、商業建築はどんどん生まれ変わっていきます。

無用なスクラップアンドビルドが少なくなるよう、微力ながら私が関わらせていただいた物件が息長く繫栄することが一番の喜びです。